龍ちゃんのタスカン

TVR サーブラウ4.2を15年11月に売却しました龍ちゃん
それから次の車を狙っていろいろな車の試乗に行きました
そして何を間違ったのか選んだ車はなんとルノーアヴァンタイムというこれまたレア車
TVRに5年間乗り続けた体に染み付いた感覚とはほど遠い乗り味の車です

そしてまたまた試乗の日々が続きます
ある日はワッかが4個並んだ車、またある日はプロペラマーク
当然独のはねうまや伊の猛牛さんも見にいきました
そして赤〜いひらべった〜いのや赤の前エンジンも!!

なかなか自分の身の丈にあった車が見つかりません
そうこうしているうちに”いいでものがありますよ”とお声がかかりました

そうです!やっぱりTVRに戻ってきました

そうこの車は
昨年西部警察のロケで悪者にされました
TVR Tuscan speedsix です

スチール製スペースフレームに
TVR製直列6気筒3.6Lを
フロントミッドシップに搭載
ボディはグラスファイバー製

350ps/7.500rpm 40.1kg/m5750rpm
のパワーに車重は1.100Kg

どの回転からからでもガンガンきます

 

ボディはTVR独特の曲線でデザインされています

ステアリングはパーソナルの皮まきなんですが
SRSエアバックがない!!
驚いた事に今の時代の800〜1.000万円もする市販車に
シートベルト以外安全装置が一切付いていません

もちろんABSやアンチスキッドも無しです

ルーフはデダッチャブルです
もちろん手動です
外したルーフはトランクへかなり強引に入れます
(大きさがきっちりなので)
オープン時は当然トランクは使いにくくなります

がオープンの気持ちよさにはそんな事気になりません

まるでリッターバイクのようなマフラーです
それが両サイド2本出しで非常に迫力があります
足元はTVR製18”ホイールと
これもTVRのロゴが入ったキャリパーのブレーキです
パワーステアリングが付いていますが
軽すぎるぐらいのセッティングで
非常にクイックに車の向きが変わります
ペダルはオルガンタイプでクラッチペダルは
かなり右にオフセットしています
踏力はサーブラウよりかなりソフトになっています